皮から作る餃子

手でこねて作ったちょっと厚めの皮を使えば、もちもちで食べごたえのある餃子に!

約80分

材料【約40個分】

【皮】
薄力粉 100g
強力粉 200g
適宜
【肉あん】
豚ひき肉 150g
キャベツ 2~3枚(150g)
にらA 1/2束
しょうがA 1片
にんにくA 1片
ねぎA 5cm
B 大さじ2
しょうゆB 大さじ1と1/2
こしょうB 少々
ごま油B 大さじ1
【準備するもの】
ボウル
ざる
めん棒
注文できる材料

作り方

1
【皮を作る】
ボウルに小麦粉を合わせてふるい入れ、水(3/4カップ)を加えてしっとりするまで混ぜる。
point
へらではなく菜箸を使って混ぜるのがコツ。生地が付かずに混ぜられます。
2
手のひらで押しながら、表面がなめらかになるまで5~6分こねる。乾燥しないようにぬれたふきんでくるんで、常温で約30分ねかせる。
3
【肉あんを作る】
キャベツはみじん切りにして、塩小さじ1/2(分量外)をふり入れ、塩もみしてからしっかり水けをきる。
4
ボウルに豚ひき肉と(3)のキャベツ、みじん切りにしたAを入れて、Bを加えてよく混ぜる。
5
【皮を仕上げてあんを包む】
台に打ち粉をふって、(2)でねかせた生地を半分にちぎり、それぞれ棒状にのばす。20個ずつにカットし、合計40個に分ける。
6
(5)の生地をひとつずつ手のひらでつぶす。片手で生地を持って半時計回りに回しながら、反対の手に持っためん棒を転がして生地を延ばす。
point
めん棒は動かさず、生地のほうを回しながら延ばすのがコツ。
7
肉あんをスプーンですくって、皮の真ん中にのせる。皮のふちに水をつけながら、生地をおりたたんで肉あんを包む。
8
【焼く】
フライパンに油を熱し、餃子を並べ入れて焼く。ときどき餃子を持ち上げて確認し、餃子の底に焼き色が付いたら、熱湯(約70ml)を注ぐ。すばやくふたをして、強火で約5分蒸し焼きにする。
9
ふたをはずして少量のごま油(分量外)を入れ、フライパンをゆすりながら残った水分をとばし、カリッとするまで焼く。
*肉あんには好みでチーズや大葉を入れるのもおすすめ。

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ