ささげの赤飯

風味豊かな「ささげ」を使った赤飯。小豆と比べて皮が破れにくく、見た目も美しく仕上がります。

約60分(浸水時間、炊飯時間は除く)

材料【3合分】

ささげ 60g
もち米 3合
ごま塩 適宜
注文できる材料

作り方

1
もち米は3時間ほど水につけ、ざるにあげ、水けをきる。ささげはさっと洗う。
point
もち米の水けをしっかりきっておくのが、炊飯器で上手に炊き上げるコツです。
2
鍋にささげ、水(4カップ)を入れ、火にかける。煮立ったらざるにあげて、ゆでこぼす。
3
鍋にささげを戻し、水(4カップ)を入れ火にかける。煮立ったら弱火にし、15分ほどゆでる。ざるにあげ、煮汁はとりおく。
point
煮汁はおたまで数回すくいながらさまして。酸素にふれさせることで、色があざやかになります。
4
再度ささげを鍋に戻し、かぶるくらいの水を入れ、火にかける。煮立ったら弱火にし、15~20分ほど、かためにゆでる。
point
ささげのゆで加減は、1粒食べて歯ごたえが残っている程度に。途中、水が少なくなったらさし水をし、常に豆に水がかぶっている状態にします。
5
炊飯器の内釜にもち米を入れ、2.5合の目盛りまでさました(3)のゆで汁を加える。ささげをのせて炊く。
6
炊き上がったら、全体をざっくり混ぜる。器に盛り、好みでごま塩をふる。
*赤飯を使用した「赤飯まんじゅう」の作り方を紹介しています。
赤飯まんじゅうの作り方はこちら>

*赤飯に「ささげ」を使うわけ
小豆は煮ると皮が破れやすい(腹が切れる=切腹に通じる)のに対し、ささげは破れないことから、昔の関東を中心とした武士社会で、赤飯にはささげが用いられるようになりました。現在も地域によって、その習慣が残っていると伝えられています。

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ