Let's try!
包丁とまな板でトントン♪

まな板の下に濡れぶきんを敷いて固定。まな板はおへその高さくらいに調整して。右利きの場合は、少し右足を後ろに引き、包丁はしっかりと持ちます。食材はまな板の中心に置き、動かないように押さえる左手は指先を内側に丸めて猫の手に。

01

玉ねぎ(1/4個)は繊維を断つ向きに置き、しっかりと左手で押さえて包丁を前に押し出すように切って。鶏ササミ(1本)は滑りやすいので、「やさしくこするように」包丁を前後に動かしてカットします。

01
フライパンでグツグツ!

玉ねぎ、鶏ササミ、便利つゆ(大さじ1)、水(大さじ3~4)を小さめのフライパンに入れてコンロにのせ、「火をつけるよ」と声をかけて加熱。玉ねぎが透き通り、肉がピンクから白くなる変化を観察して。

監修中村先生のPOINT

フライパンのふちに手首が当たってやけどをするのを防ぐため、大人が常にそばに付き添ってガードし、フライパンの柄をしっかり握ることも伝えて。

02
卵をふんわり♡

ボールに卵(1個)を割って殻が入っていないか確認し、菜ばしなどでよくほぐします。静かに煮立つくらいの弱火にして半分ほど入れて軽く混ぜて、残りを加えてふたをしてふんわり仕上げて。卵が固まるまで煮ます。

03
いただきまーす! nice!

温かいごはんの上に大きいスプーンなどを使って盛りつけます。フライパンから移すのは大人がやっても。好みでのりをちぎってちらして。

コメント・監修  中村美穂さん

ページの先頭へ