Let's try!
具材を食べやすくカット

ごぼう(120g)はピーラーでささがきに、人参(150g)はいちょう切りに、ねぎ(1本)はぶつ切りに、白菜(2枚)はざく切りにします。もめん豆腐(150g)はひと口大に切り、ひらたけまたは好みのきのこ(200g)は小房に分けます。

監修中村先生のPOINT

かたい根菜を切るときは、材料を安定させることが大切です。安定が悪いようなら、おとなが縦半分に切ってからこどもにバトンタッチしても。包丁をしっかり持ち、包丁を持たないほうの手を猫の手にしてしっかり押さえて、包丁を前に押し出すようにしてカットします。ピーラーを使うときも、まな板の上に材料を置いてしっかりと押さえ、刃に気をつけて、表面をスーッとひっかくように動かしてみてください。

01
しっかり炒めておいしさUP!

鍋にごま油(大さじ1)を中火で熱し、まずはごぼう、人参を入れてごぼうがしんなりするまで炒めます。次に豚肉(180g)を加え、肉の色が変わったら、白菜、ねぎ、ひらたけを加えて炒めましょう。

監修中村先生のPOINT

かたい根菜を先に炒めることでうまみを引き出し、肉も野菜もやわらかく仕上がります。肉が鍋にこびりつくこともなくなりますよ。

02
水を入れてぐつぐつ♪

くずれやすい豆腐を最後に加えて、水(3~4カップ)を入れ、ふたをして根菜がやわらかくなるまで煮ます。火加減は中火で静かに煮立たせる程度。いちばんかたいごぼうを食べてみてやわらかくなっていればOK。

監修中村先生のPOINT

ここで一度味見を。野菜、肉、きのこなどからそれぞれ違ううまみ成分が出るので、それが重なっておいしい「だし」になります。

03
みそをとろりと溶いて

煮立たせるとみその風味が落ちるので火はいったん止めます。器にみそ(大さじ2~3)を入れておたま1杯の煮汁を加え(※)、スプーンで混ぜて溶かします。鍋に加えて混ぜ合わせたら、子どもといっしょに味見を。みその量が足りないようなら、好みの味になるように調整してみましょう。

※煮汁を入れると器が熱くなるのでやけどに注意。

04
いただきまーす! nice!

卵を落としてボリュームアップしたり、すりごまを加えて香りを楽しんでも。

コメント・監修  中村美穂さん

ページの先頭へ