材料【作りやすい分量】

文旦の皮 2個分 
グラニュー糖 皮の重さの80~90%(約350~400g)

作り方

1

文旦の表皮の黄色い部分をピーラーなどで薄くそぐ。皮ごと実を4つ割りにして、実をはがす。皮を好みの形に切り、重さを計ってグラニュー糖の量を計算する。

point

※文旦の表皮の黄色い部分はかたくて苦味があるので、取り除きます。
※皮をカットするサイズが大きいと、乾かすのに時間がかかります。
※実は今回のレシピでは使いません。そのまま食べてください。

2

鍋に(1)の皮とたっぷりの水を入れ、火にかける。沸騰したら3分煮て、ざるにあけてゆでこぼす。これを5回ほど繰り返す。

point

さらに苦味を抜きたい場合は、ひと晩、水につけおきます。

3

(2)の水けを軽くしぼり、小鍋に入れる。グラニュー糖、水(2カップ)を入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして、汁けがなくなるまで煮詰める

point

ときどき鍋の様子を確認して、焦がさないように注意してください。

4

オーブン用シートなどに広げて、表面がべたつかなくなるまで、ひと晩ほど乾燥させる。

5

表面が乾いたらグラニュー糖(分量外)をまぶす。

point

※好みで、グラニュー糖をまぶしたあとにさらに乾燥させると、表面がパリっと仕上がります。
※グラニュー糖の代わりに、湯せんで溶かした板チョコをかけた「ピールのチョコレートがけ」もおすすめです。

*密閉容器に入れて冷暗所で保存し、2週間を目安に食べきってください。
*花見糖を使うと、仕上がりが茶色くなります。

*「ピール」とは?
ピールとは「皮」のこと。文旦やオレンジなどの柑橘の果皮をシロップなどで煮詰めて、乾燥させたものを言います。香りの高さが特徴的です。そのままつまんだり、お菓子作りや、ハーブティー、ポプリなどに使います。