Let's try!
「この野菜なーんだ?」

とうもろこしを持ったら、葉っぱやひげの形を観察したり、香りを確かめましょう。「この野菜なーんだ?」とクイズを出してみても。ちなみにとうもろこしのひげの本数は、つぶの数と同じなので、皮をむき終えたあとに話してみるのも良いでしょう。

01
ひらひらしたところをぐいっと

皮むきをはじめるときは、「葉っぱを引っ張ってみよう」「何が出てくるかな?」など、楽しく誘ってみて。まず、先のほうでひらひらした皮をつかみ、おしりのほうまでぐいっとむきましょう。子どもが持ちづらい場合、とうもろこしを机におくと安定します。下のほうまでむけたら、最後はおとなが手を添え、最後まで引きちぎります。

02
丸ごとパクッと食べてみよう

皮をむいたとうもろこしは、ラップに包んで電子レンジでチンすれば、そのままパクッと食べられます。「自分でむけた!」と、達成感や自信に繋がりやすく、食欲もアップするかも♪ひと手間かけて、しめらせたペーパータオルに包んでからラップをすると、よりふっくら食感に!とうもろこし1本あたり、3分ほど(600Wの場合。大きさによって調整)加熱し、粗熱がとれたらラップを外しましょう。電子レンジから取り出すときは熱いので、おとなが取り出してください。

監修中村先生のPOINT

電子レンジを使って加熱することで、とうもろこしの栄養素や風味が残りやすくなります。加熱する前と後で、色や香りの変化を楽しんでみるのもおすすめ!

03

コメント・監修  中村美穂さん

レシピ
Instagram みんなの投稿を見る♪

ページの先頭へ