小梅の塩漬け

小ぶりで食べやすいので、お弁当にも活躍! 漬け込むだけで手軽に作れます。

材料【作りやすい分量】

小梅 1kg
100g(梅の重さの10%)
ホワイトリカー 1/4カップ
【準備するもの】
大きめの保存容器(3~4Lの密閉容器や桶など)
重石(梅と同じ重さ~梅の1.5倍の重さ)
落としぶた(ラップでもよい)
竹串またはようじ(数本)
ふきん
紙とひも(新聞紙や麻ひもなど、家にあるものでOK)
注文できる材料

作り方

1
小梅は水洗いし、たっぷりの水に2~3時間ひたしてアク抜きをする。
2
ざるにあげ、梅に傷を付けないようにして、竹串またはようじでへた(なり口)をとり、清潔なふきんで充分に水けをふき取る。なり口部分の水けもふき取り、ホワイトリカーをまぶす。
3
熱湯で消毒した漬け込み容器の底に塩をふり、小梅と塩を交互に重ね入れて、最後に表面を塩で覆う。
4
落としぶたをして重石をのせ、紙ぶたをして冷暗所に保存する。
point
重石は小梅の重量の1~1.5倍が目安。容器が浅すぎたり、重石が軽すぎると梅酢が上がりにくくなるので注意。
5
1週間から10日間で梅にかぶるくらい梅酢が上がるので、熱湯消毒した保存びんに梅酢ごと移し、冷暗所で保存する。
[食べごろの目安]
1カ月くらいたったら食べごろです。
p̎Â胉{

注文できる材料

Hop Step Jump 梅しごと

関連レシピ

ページの先頭へ