Let's try!
はしを使って“すりきり”に

まずは正しく計量することが大切。はしをゆっくり動かし、「すりきり」を教えましょう。パラパラとお米がこぼれてしまったときは、「ひと粒を大事にしようね」と話してみて。

01
猫の手で、ぐるぐる

水洗いしたお米をざるに入れ、ボウルに重ねましょう。ぬれぶきんを敷いた上なら安定します。とがない方の手をボウルに添えさせ、お母さんもしっかり支えて。猫の手でやさしくかき回してとげばOKです。(普通精米の場合)

02
目盛りまで水を「ジャーッ」

お米を炊飯釜に移し、水位の目盛りを教えてあげたら水を加えます。炊飯器のボタンを「ピッ」と押してもらいましょう。炊く前と炊き上がりの米粒を、見比べて観察してもいいですね。

03

コメント・監修  中村美穂さん

レシピ
Instagram みんなの投稿を見る♪

ページの先頭へ