Let's try!
餃子の皮にケチャップをくるくる

まな板や広げたラップの上に餃子の皮をのせ、ケチャップを薄くぬります。スプーンの背を使って中心から外側にくるくる伸ばすのがポイント。「はみ出しても大丈夫だよ」などと伝え、様子を見守って。

01
好きな具材をのせよう!

ケチャップの上にシュレッドチーズをのせたらトッピングをします。具材はハム、ウインナー、ミニトマト、ゆで卵、ツナなど、家にあるものでOK!「コーンは好き?」、「ベーコンはたっぷり!」など声かけをして、自由にアレンジしてみましょう。

監修中村先生のPOINT

具は小さめに切るとのせやすく、食べやすいのでおすすめ。量やのせ方にばらつきがあっても気にせず、子どもの意思を尊重して味や見た目の違いを楽しんで。

02
こんがり焼ける様子を観察

ホットプレートやフライパンにピザを並べて焼きます。しんなりとしていた餃子の皮がパリッとし、チーズが溶けてくるので、やけどに注意しながら様子を観察してみても。焼き上がったら、へらなどで取り出して。必ずおとながやりましょう。

03
できあがり nice!

餃子の皮を使うことによってパリパリ食感に! また、食パンを使えばもっちりボリュームのある生地に仕上がります。

コメント・監修  中村美穂さん
Instagram みんなの投稿を見る♪

ページの先頭へ