Let's try!
おしりからぐるっと1周!

「まずはおしりからね」と、お手本を見せましょう。2のヘタを折るところは力がいるので、子どもができないときは大人がサポートしてあげましょう。

01
失敗は“気づき”のチャンス

力が入り過ぎて、さやが割れてしまったときは、中の豆を観察するチャンスです。 数を数えたり、豆の形をじっくり見たり…。子どもにとっては新しい小さな発見があるかもしれません。

02

コメント・監修  中村美穂さん

レシピ
Instagram みんなの投稿を見る♪

ページの先頭へ