材料【作りやすい分量(できあがり量:約100g)】

生クリーム(乳脂肪38%以上) 1パック(200ml)
塩(好みで) 少々
【準備するもの】
びん(容量300ml以上。口が広く、ふたがしっかりしまるもの)

作り方

1

冷蔵室でよく冷えている生クリームをびんに入れ、ふたをしっかりしめてふる。

2

ふっていると少し重くなり、液体の音がしなくなる。そこからさらにふり続ける。

3

ふり続けるとまた水分が出てきて、薄い白い液体とかたまりに突然分かれる。

4

かたまりだけ取り出し、水けをきる。好みで塩を加える。

*冷蔵室で保存してください。フレッシュなバターがおいしいので、1~2日で食べきるのがおすすめです。

*“ふる”だけでできる秘密とは…
生クリームの中には、目に見えない小さな乳脂肪の粒が入っています。びんに入れてふると、この乳脂肪同士がぶつかり、くっついて、かたまりと水分(バターミルク)とに分離します。このかたまりがバターです。これに塩を加えると、ふだん食べているバターの完成です。

*バターミルクは食べられます。カレーなどに加えても。