材料

かぼちゃ 1個
4個
牛乳 2カップ
砂糖 60g
【準備するもの】
ざる
竹串

作り方

1

かぼちゃは水洗いして、ラップで包み、耐熱皿にヘタを下にしてのせ、電子レンジで約6分(500wの場合)加熱する。

point

らくに切れるやわらかさになるまで加熱します。かぼちゃの大きさによって、加熱時間は調整してください。

2

かぼちゃの上部1/4ほどを切って、中の種とわたを取り除く(切り取った上部分は、最後にふたにするため取り置く)。内側の果肉の部分を大さじ5~6ほどこそげ取ってスプーンでつぶす(取り置いた上部分の果肉も含む。かたければ電子レンジで再加熱する)。

point

皮目に目や口を彫るならこのタイミングで。ぺティナイフなど小ぶりのナイフの刃先を使って輪郭を入れ、広い部分は刃を寝かせて薄く削るようにするとうまく彫れます。

3

小鍋で牛乳を沸騰寸前まで温め、砂糖と、(2)でつぶしたかぼちゃを混ぜる。火を止め、割りほぐした卵を混ぜてざるでこし、かぼちゃの本体部分に入れる。

4

深めの耐熱皿に(3)をのせ、オーブンの天板に置いて、天板の8~9分目まで湯を張る。160℃に予熱したオーブンで約70分焼く。

point

竹串をさして、生地がつかなければ焼き上がりです。(2)で取り置いたかぼちゃの上部分は、焼かずに最後にのせます。切り分ける際は、冷蔵室で完全に冷やすときれいにカットできます。