材料【12個分】

500g(皮を除き正味約350g)
砂糖 50~60g
【準備するもの】
フードプロセッサー、またはすり鉢・すりこぎ
ラップ、または清潔なガーゼ

作り方

1

鍋に栗とたっぷりの水を入れ、1時間ほどゆでたら、火を止める。

point

栗は乾燥すると皮がかたくなって、扱いにくくなります。そのまま湯に浸しておくのがおすすめです。

2

湯からひとつずつ栗を取り出して包丁で半分に切り、実をスプーンでくり抜く。

point

渋皮が入らないように注意してください。仕上がりの味や見た目に影響します。
やけどに注意してください。

3

(2)をフードプロセッサー(またはすり鉢)にかける。

point

栗のつぶつぶ感や香りを楽しみたい場合は粗めに、口あたりよく仕上げたい場合はなめらかになるまでかくはんします。

4

(3)をボウルに入れる。ボウルの底を湯につけ、砂糖を加えてしっかり溶けるまでゴムべらでよく練り混ぜる。

point

湯せんにかけながら作業し、砂糖をしっかり溶かして混ぜ合わせてください。溶け残しがあると、でき上がってからベタついたり、水っぽくなる原因になります。
砂糖の量は、味を見ながら好みで調整してください。

5

(4)を12等分にして丸める。それぞれ、ラップ(または、塗らしてかたくしぼったガーゼ)にのせてかたく茶巾にしぼり、形を整える。

*作ってすぐ、または当日食べる場合は、室温に置きます。保存する場合は、ひとつずつラップでぴったり包んで冷蔵室に入れ、2日を目安に食べきってください。冷凍保存も2週間程度可能です。食べるときは自然解凍してからどうぞ。