材料【作りやすい分量】

柑橘類(レモン、甘夏、伊予柑など) 2~4個
グラニュー糖 適量(作り方(6)で計量した皮の重量の60~70%)

作り方

1

柑橘は皮ごと4つ割りにして、実をはがす。今回のレシピでは実は使わないので、食べてください。

2

鍋に(1)の皮と浸るくらいの水を入れて火にかける。沸騰したら中火で15~20分煮る。

3

(2)をざるにあけてゆでこぼす。水に5分ほどつけ、ざるにあけて水けをきる。

4

粗熱がとれたらスプーンでワタをこそげとり、縦に8mm幅程度に切る。

point

ワタを取り除くことで、苦味がやわらぎます。

5

鍋に(4)とかぶるくらいの水を入れて再び火にかけ、沸騰したら中火で10~15分煮る。

6

(5)をゆでこぼして、水に5分つける。ざるにあけて水けをしっかりきり、重さを量ってグラニュー糖の量を計算する。

7

鍋に(6)とグラニュー糖、ひたひたの水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で15~20分、汁けが少なくなるまで煮詰める。ざるにあけて水けをきる。

point

とろみが出てきて、全体がつやっとすればOKです。煮詰め過ぎると、焦げるので注意してください。

8

天板にオーブン用シートを敷き、(7)を重ならないように並べる。100℃に熱したオーブンで20~30分加熱する。オーブンから取り出し、粗熱をとる。

point

表面に湿りけが残る程度になったらOKです。

9

バットにグラニュー糖(分量外)を広げ、(8)を入れて表面にグラニュー糖をまぶす。

10

網にのせ、冷暗所にひと晩ほどおいて乾燥させる。密閉容器に入れて冷暗所で保存し、2週間を目安に食べきってください。

point

夏場は冷蔵室に入れてください。

*酸が強いので、アルミ製の鍋や鉄鍋は避け、ホーロー製や樹脂加工された鍋を準備してください。
*柑橘の皮の色を生かすため、また煮詰めても焦げにくい点から、今回はグラニュー糖を使用しています。

*「ピール」とは?
柑橘の果皮をシロップなどで煮詰めて乾燥させたもの。香りの高さが特徴的です。そのままつまんだり、お菓子作りや、ハーブティー、ポプリなどに使います。