板こうじで作る甘酒

こうじ菌がぎっしり付いた「板こうじ」。こうじと米だけとは思えない、甘みに驚きます。

約30分(発酵時間は除く)

材料【作りやすい分量】

乾燥板こうじ 1袋(200g)
冷やごはん 300g(約1合)
お湯 500ml
注文できる材料

作り方

1
こうじは袋の上からもみ込み、細かくばらす。
point
こうじ菌が飛びちるので、必ず開封前にばらしてください。
2
炊飯器の内釜に冷やごはんとお湯を入れ、炊飯器を保温にセットする。混ぜたあとにこうじが働く温度(55~60℃)になるように調節する。こうじを加えよく混ぜる。
point
温度が高すぎると甘みが出ず、低すぎると酸味が出ることがあります。
3
炊飯器のふたは閉めず、ふきんをかけて保温する。はじめの3~4時間の間に2~3回かき混ぜ、温度を55~60℃に保ち、8~10時間ほど保温してでき上がり。
point
途中かき混ぜる際は、炊飯器の内釜の底からよく混ぜてください。しゃもじですりつぶしながら混ぜると、なめらかさが増します。
*水で薄めたあと、そのまま冷やしても、温かく沸かして飲んでも。

*冷蔵室で保存し、1週間を目安に飲みきりましょう。長期間保存する場合は、冷凍室で保存してください。
p̎Â胉{

注文できる材料

ページの先頭へ