材料【作りやすい分量】

青梅 1kg
花見糖 600g~1kg
【準備するもの】
4Lの保存びん(しっかり密閉でき、アルコールや酸に強いガラスびんなどがおすすめ)
※びんの消毒の仕方は工程4を参照。

作り方

1

青梅をボウルに入れ、流水でよく洗う。実に傷を付けないように、手のひらでやさしくなでるように洗い、ざるにあげて水けをきる。

point

傷が付いている実は、取り除く。

2

ふきんで1粒ずつ水けをふきながら、竹串またはようじでへた(なり口)をとり、なり口部分の水けもふき取る。

point

なり口から傷みやすく、カビの原因になるので、きれいに取り除き、水けも必ずふき取る。

3

ポリエチレンの袋などに入れて、口をしっかり結ぶ。冷凍室で半日以上かけて凍らせる。

point

凍らせると果肉の組織が壊れ、梅のエキスがしみ出しやすくなります。

4

きれいに洗って消毒し、乾かした保存びんに、青梅と花見糖を交互に入れ、冷暗所におく。

*保存びんの消毒の仕方
※アルコール消毒は、きれいに洗ってしっかり乾かした後、アルコール度数35度以上の焼酎やホワイトリカーなどをペーパータオルに含ませてふきます。
※熱湯消毒は、きれいに洗った後、いったん60~70℃の湯を注いでびんを温め、湯を捨ててから改めて熱湯をびんの内外にまわしかけてしばらくおき、水けをきって乾かします(水洗いしたガラスに急に熱湯をかけると、割れ・ひびの原因になるので注意)。

point

1日1回、ゆすって全体をなじませる。

5

1週間ほどたち、花見糖が溶けきったら完成。

point

濃厚なので、水や炭酸水などで3~4倍に薄めてドリンクに。
※冷蔵室で保存し、2カ月を目安に飲みきってください。

保存食で夏を迎えよう!