材料【4~6人分】

プラム 500g(約4~6個)
砂糖 70g
粉ゼラチン 小さじ2強(8g)

作り方

1

プラムは皮付きのまま半分に切り、種を取り除く。

2

鍋に(1)、砂糖、水(2カップ)を入れ、アクをとりながら弱めの中火で10分ほど煮る。

point

鮮やかな赤い色が出てきます。

3

プラムを取り出し、器に盛って冷蔵室で冷やす。

point

プラムは崩れやすいので、おたまなどでそっとすくい出してください。 煮ているときに皮がむけてきたらそっとはがしてください。残った部分はそのままでも口あたりは気にならないので大丈夫です。
※このまま「コンポート」としてもおいしく食べられます。煮汁は好みで炭酸水などで割ってジュースとしてどうぞ。

4

残った煮汁に水を加えて2カップ(400ml)に調整する。

point

水にふやかすタイプの粉ゼラチンを使用する場合は、350mlに調整する。同時に別の器に粉ゼラチンと水50mlを合わせ入れて5分以上ふやかしておく。

5

(4)の煮汁と水を小鍋に入れて温める。煮立ったらゼラチン(または、ふやかしたゼラチン)を入れて煮溶かし、タッパーなどの容器に流し入れる。粗熱がとれたら冷蔵室に入れて2~3時間ほど冷やしかためる。

6

(3)の器に(5)を大きめのスプーンですくって盛りつける。

*酸が強いので、アルミ製の鍋や鉄鍋は避け、ホーロー製や樹脂加工された鍋を準備してください。

*使用するプラムの種類によって、仕上がりの色が異なる可能性があります。今回は「ソルダム」を使用しています。

バリエーションも楽しめます。
●あんず、桃でも作れます。
その場合、砂糖の量と加熱時間を、果実の甘みやかたさによって調整してください。