材料【作りやすい分量(1Lの保存びん)】

黄梅 500g
しょうゆ 2カップ
みりん 大さじ4

作り方

1

梅を流水で洗い、ざるにあげて水けをきる。

point

傷が深く付いている実は、傷みやすいので取り除く。皮の表面が茶色くなっている程度ならOK。

2

梅に傷を付けないようにして、竹串またはようじでへた(なり口)をとり、梅全体を清潔なふきんで充分に水けをふき取る。なり口部分の水けも、しっかりふく。

point

水分があるとカビの原因になるので、ふきんがぬれてきたら新しいものに替えて!

3

鍋にしょうゆ、みりんを合わせて弱火にかけ、軽く煮立ててアルコールを飛ばし、そのままさます。

point

カビ防止のため、液面の表面にラップをぴったり貼り付けても。

4

消毒した保存びんに(2)を入れ、(3)を注ぎ入れてふたをし、冷暗所に置く。ときどき、全体をなじませるように、びんを静かにゆすって混ぜる。

[食べごろの目安]
1週間ほどして、しょうゆに梅の風味が移れば楽しめます。実も食べられるようになりますが、2週間程度漬けると酸味がやわらぎ、食べごろに。冷暗所で保存し、3~6カ月を目安に使いきってください。

*食べ方はいろいろ
・冷やしうどん、そうめんなどのつけつゆに。
・煮物の味付けに。
・サラダや、冷しゃぶなどに、ぽん酢の代わりに。
・浅漬け用調味料に。
・実は、きざんで薬味などに。

保存食で夏を迎えよう!