シーフードと夏野菜の冷やし中華、「ちくわの磯辺揚げ」、アボカド豆腐(2人分)

モロヘイヤでつるりと食べやすい!冷やし中華を具だくさんにアレンジ。

約791kcal
約15分

材料【2人分】

【シーフードと夏野菜の冷やし中華】
冷し中華(しょうゆ・北海道産小麦使用) 2食(全量)
そのまま食べられるシーフードミックス 160g(全量)
モロヘイヤ 2/3束
オクラ 1パック
ひとつまみ
【ちくわの磯辺揚げ】
ちくわの磯辺揚げ 4個
【アボカド豆腐】(作りやすい分量・3人分)
冷凍アボカド 45g(1/4袋)
もめん豆腐小分け 1パック
小さじ1
塩  小さじ1/2
マヨネーズ 大さじ3
こしょう 適量
注文できる材料

作り方

1
●下準備
ボウルに凍ったままのアボカドを入れ、酢をふってそのままおき、自然解凍する。解凍した「シーフードミックス」は水けをふく。「もめん豆腐小分け」はペーパータオルを2枚重ねにしたところに、ひと口大にちぎりながら広げてのせ、塩をふってしばらくおく。
point
豆腐をペーパータオルにのせて塩をふっておくと、簡単な水きりと同時に下味もつきます。
2
●シーフードと夏野菜の冷やし中華を作り始める
大きめの鍋に湯を沸かし、塩を加え、オクラ、モロヘイヤの茎のほうを入れて30秒ほどゆでた後、葉先まで湯に入れてさらに30秒ほどゆでる。引き上げて水にとってさます(ゆで湯はそのままとりおく)。モロヘイヤは水けをしぼってきざみ、オクラは水けをふいて小口切りにする。ボウルに入れて「冷し中華」の添付のたれを加え、全体を混ぜる。
3
●冷やし中華のめんをゆでる
(2)の鍋に「冷し中華」の麺を入れ、パッケージの表示通りにゆでて冷水にとり、冷やして水けをきり、器に盛る。
4
●「ちくわの磯辺揚げ」、アボカド豆腐を作って仕上げる
「ちくわの磯辺揚げ」はパッケージの表示通りに電子レンジで加熱し、器に盛る。(1)のアボカドに豆腐を軽くほぐして加え、マヨネーズ、こしょうを加えて全体をあえ、器に盛る。(2)の冷やし中華のたれに(1)のシーフードミックスを加えてあえ、(3)の麺にかける。
3日分の時短ごはんセット(2人分)他の日のレシピはこちら(レシピ一覧へ)

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ