材料【作りやすい分量】

新しょうが 300g
砂糖 390g
グラニュー糖 適量

作り方

1

新しょうがは洗って薄く皮をむき、繊維に沿って厚さ2~3mmの薄切りにする。

point

繊維に沿って切ることで、歯ざわりよく仕上がります。

2

1時間ほど水にさらし、ざるにあげて水けをきる。

3

鍋に(2)、砂糖(300g)、水(2カップ)を入れて中火にかける。煮立ったら弱火にして15分ほど煮て、再びざるにあげる。煮汁は「しょうがシロップ」として、取りおく。

point

シロップは、好みで、水や炭酸水で割ってどうぞ。

4

フライパンに(3)のしょうが、残りの砂糖(90g)を入れ、中火にかける。砂糖が溶けたら弱火にし、耐熱のゴムベらなどで混ぜながら、7~8分ほど、水けがなくなるまで煮詰める。

point

フライパンの底や縁に、白く砂糖のかたまりが見えてくるまでしっかり加熱するのが、カラリと仕上げるコツです。表面が白っぽくなってきたら焦げないように注意し、たえずかき混ぜながら水けを飛ばしてください。

5

(4)が熱いうちにグラニュー糖を敷いたバットにあけ、手早く広げてグラニュー糖をまぶす。

6

粗熱がとれたら、グラニュー糖をさらにまぶし、表面が乾くまでそのままおく。

*しょうが糖は密閉容器に入れて冷蔵室で保存し、1カ月を目安に食べきってください。しょうがシロップは清潔な保存びんに入れて冷蔵室で保存し、1カ月を目安に飲みきってください。

保存食で夏を迎えよう!