材料【仕上がり量約380g(200gのジャムびん2本分)】

レモン 2個
2個
バター 100g
グラニュー糖 120g

作り方

1

レモンの皮をすりおろし、とりおく。残った実を2等分にして果汁を絞り、ざるでこす。

point

レモンの皮の白い部分には苦味があるので、表面の黄色い部分だけをおろしてください。

2

ボウルに卵を割りほぐしてよくかき混ぜ、ざるでこす。

3

鍋に(1)、(2)、常温に戻したバター、グラニュー糖を入れ、鍋底を80℃程度のお湯につけながら木べらで混ぜる。

point

フライパンに水を入れて沸騰させたところに鍋ごとつけ、中火で加熱しながら湯せんすると、約80℃になります。温度が高すぎるとなめらかに仕上がらないので注意してください。

4

6~7分ほどすると、徐々にとろみがついてくるので、好みの固さになるまで4~5分ほどかき混ぜる。

point

レモンパイなど、オーブンで焼く菓子に使う場合は、かために(カスタードクリーム程度)仕上げてください。

*酸が強いので、アルミ製の鍋や鉄鍋は避け、ホーロー製や樹脂加工された鍋を準備してください。
*熱湯消毒したびんにつめ、冷蔵室で保存してください。1週間を目安に食べきってください。
*パンやビスケットに塗ったり、ムニエルや肉のソテーに添えても。パイやムースなど、お菓子作りにも使えます。

「レモンカード」とは?
カードとは、液体を凝固したものという意味のカード(curd)のこと。 牛乳のカードから作られたものはチーズ、豆乳のカードは豆腐、レモン汁を卵とともに凝固させて作ったカードが「レモンカード」になります。

レモンカードを使用した「レモンパイ」の作り方を紹介しています。
「レモンパイ」の作り方はこちら>