お肉やわらか 豚の角煮

前日の下ゆでで、ブロック肉が驚くほどやわらかに。
監修:飛田和緒さん

(つけ込み時間は除く)

材料【4人分】

豚バラブロック 400g
かぶ 1束
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
適宜
適量
注文できる材料

作り方

1
豚肉は常温に戻して脂をやわらかくし、ひと口大に切る。かぶは皮をむき、大きいものは半分に切る。かぶの葉(適宜)は塩ゆでして水けをしぼり、小口切りにする。
2
豚肉を鍋に入れ、肉の半分の高さまで酒を入れてから、かぶるくらいまで水を足す。中火にかけ、ふつふつしてきたら弱めの中火にし、ふたをして30~40分煮る。火を止め、そのままひと晩おく。
point
●ひと晩おく時間がないときは、煮る前に焼き付けて。
前夜の下ゆでが難しいときは、ペーパータオルで脂をふき取りながら鍋で肉を焼き付けてから、かぶと合わせればOKです。
3
(2)の鍋から固まったラードを取り除き、再び火にかける。ふつふつしてきたらかぶ、砂糖を入れてふたをし、かぶがやわらかくなるまで10~15分煮る。
point
●取り除いたラードは炒め物などに使えば、おいしさアップ
取り除いたラードは、捨てずに有効活用を。炒め物やチャーハン、揚げ油に少し加えると、料理がぐっとおいしくなります。
4
ふたをとってしょうゆを加え、10分ほど煮詰めて火を止め、そのままさます。食べる直前にほんのりと温めてから器に盛り、かぶの葉をちらす。
point
●かぶの葉まで生かして、ひと皿のバランスを
しっかりと味のしみた角煮に、かぶの葉でアクセントを。塩ゆでされたさっぱりとした青菜が、ひと皿のバランスをまとめてくれますよ。大根と煮た場合も、葉付きのものであれば同じように活用してくださいね。
5
*身につくメモ
角煮を作るときは、ぜひひと晩寝かせて。
豚バラブロック肉は、お酒をたっぷり入れて下ゆでしてひと晩寝かせると、余分な脂が落ちて味がしみやすく、驚くほどやわらかくなるんです。前の晩から準備をするなんてめんどう…と思われるかもしれませんが、今回いっしょに煮たかぶは、すぐに火が通るから、当日の調理はあっという間。かぶ以外にも、大根やれんこんなどの根菜類、卵と煮てもいいですね。

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ