完熟梅シロップ

梅と砂糖を詰めるだけでOK。黄梅ならではの豊かな香りを楽しめます。
監修:中川たまさん

材料【作りやすい分量】

1kg(黄色く熟したもの)
花見糖 600g~1kg
【準備するもの】
3~4Lの保存びん(しっかり密封でき、アルコールや酸に強いガラスびんなどがおすすめ)
注文できる材料

作り方

1
梅をボウルに入れ、流水でよく洗う。実に傷をつけないように、手のひらでやさしくなでるように洗い、ざるに上げて水けをきる。
point
傷がついている実は、取り除く。
2
ふきんでひと粒ずつ水けをふきながら、竹串またはようじでへた(なり口)をとり、なり口部分の水けもふき取る。
point
なり口から傷みやすく、カビの原因になるので、きれいに取り除き、水けも必ずふき取る。
3
きれいに洗って除菌し、乾かした保存びんに、梅と花見糖(好みで量を調整)を交互に入れ、最後は砂糖で表面をおおい、冷暗所におく。
point
砂糖が少なめの場合は、梅の香りがより引き立ちおとな好みの味わいに。しっかり甘めが好みであれば、1kg入れるのがおすすめ。
すぐに作らない場合などは黄梅を冷凍してもOK。チャック付き袋などに入れて、口をしっかり閉じて、冷凍室で半日以上かけて凍らせたあと(3)を行ってください。
4
1日1回ゆすって全体をなじませる。
5
1週間~10日ほどたち、花見糖が溶けきったら完成。
6
【作ったシロップを「グラニテ」にアレンジ】
飲むときより少し濃いめの「シロップ1:水1.5~2」ぐらいを混ぜて凍らせればOK。フォークなどで削り取るように器に盛って召し上がれ!
より本格的な食感にしたいなら、混ぜて冷凍室に入れたあと、2~3時間後にフォークなどで全体を一度かき混ぜて、再び凍らせてください。

梅しごと

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ