「塩さばスティック」と赤玉ねぎのかんたん南蛮づけ

解凍した「塩さばスティック」は小麦粉を付けずに焼いて、野菜といっしょにつけるだけ。脂ののったさばと辛みの少ない赤玉ねぎに、さわやかな酸味がよく合います。

約514kcal
約15分

材料【2人分】

塩さばスティック(骨取り) 250g(9~12本)
赤玉ねぎ 1個
ミニトマト 5個
A 1/4カップ
しょうゆA 大さじ2
砂糖A 大さじ1と1/2
和風だしの素A 1/4本(1.5g)
小さじ1
注文できる材料

作り方

1
解凍したさばは水けをふく。
2
鍋にAと水(3/4カップ)を入れて中火にかけ、煮立ったら火を止め、大きめの耐熱保存容器に移す。
3
赤玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。ミニトマトは薄切りにする。
4
フライパンに油を熱し、(1)のさばを片面2~3分ずつ、火が通るまで両面こんがりと焼く。
point
さばを焼いているときに出る脂は、ペーパータオルでふき取るとよりカリッと香ばしく焼き上がります。
5
(2)の中に(3)と(4)をひたす。
*粗熱がとれてから、冷蔵室で冷やして食べるのもおすすめ! つけておくと味がなじむので、作りおきにも。冷蔵室で2~3日保存できます。

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ