合びき肉と野菜のオープンパイ

手軽で華やか♪サクサクパイに具をたっぷりと。
監修:飛田和緒さん

材料【2~3人分】

【合びき肉と野菜のオープンパイ】
冷凍パイシート 2枚
ケチャップそぼろ※ 100g
玉ねぎ 1個
卵黄 1/2個分
少々
ミックスオリーブ 適量
ミニトマト 適量
ベビーリーフ 適量
オリーブオイル 小さじ2
【ケチャップそぼろ※】
合びき肉(牛7:豚3) 230g
みじん切りにんにく 1/2片分
塩  ふたつまみ
ケチャップ 大さじ1
注文できる材料

作り方

1
・パイシートはオーブン用シートの上におく。解凍し、少しやわらかくなったらめん棒などで1.2倍くらいの大きさにのばす。
・玉ねぎは薄切りにする。オリーブは少し大きめの粗みじん切りにする。
2
フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎをあめ色になるまで中火で炒め、塩をふって取り出す。
point
●ふたを使って簡単あめ色に
玉ねぎはしっかりと甘みを引き出したいので、ひき肉とは別に、玉ねぎだけでじっくりと炒めます。少し炒めたらふたをする→蒸し焼きにして水分を出す→ふたをとってまた炒める、を何度かくり返すと、短時間でもきれいなあめ色に仕上がりますよ。
3
(2)のフライパンに油をひかずに、合びき肉とにんにくを入れて中火で炒め、塩、ケチャップを加えて炒め合わせて「ケチャップそぼろ」を作る。保存容器などに移し、粗熱をとる。
point
●ひき肉は残さず炒めて次の日も
ひき肉は半端に残さず、まとめてそぼろにしておけば次の日にも使えます。パイに使った残りはチーズといっしょにパンにのせたり、サラダにちらしたり、オムレツやごはんに具として混ぜても。
4
パイシートの4辺のふちをフォークなどで押さえ、ふちの部分に卵黄を塗る。
point
●ふちを押さえて広がり防止
パイシートはオーブン用シートの上にのせてのばすと、オーブンに入れるときスムーズ。4辺のふちはフォークの先で押さえて、焼くときの広がりすぎを抑えます。真ん中には具がのるので、卵黄はふちにだけ塗れば大丈夫。はけがなくても、スプーンでなぞれば充分ですよ。
5
パイシートの上に(2)、(3)の順にのせ、オリーブをちらす。200℃に予熱したオーブンで、15~20分焼く。食べやすく切り分け、4等分に切ったミニトマトやベビーリーフをのせる。
point
●生野菜は食べる直前にのせて
焼き上がったパイには、食べる直前にフレッシュなミニトマトとベビーリーフをたっぷりとのせて。いっしょにサラダを食べるような感覚で、あっさりと食べられますよ。
6
*身につくメモ
おもてなしにオープンパイを
急なお客さまが多かった時期、必ずパイシートを買い置きして使っていました。まずパイ料理を先に仕込んで、焼いている間にほかのメニューを作ると、段どりよく準備できます。のせる具は、火を通したシーフードやベーコンでもいいですし、オリーブやアンチョビ、スモークサーモンのキューブだけでもおいしい。生のりんごやいちじくをのせて、砂糖をさらっとふりかけて焼けば、おもてなしにぴったりのフルーツパイになりますよ。
クリスマス特集

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ