自家製豆板醤

中国の発酵調味料。辛味の奥に、うまみがじんわり。

材料【出来上がり量 300g】

そらまめ 200g(正味)
板こうじ 60g
30g
みそ 大さじ2
韓国唐辛子パウダー 20g
赤唐辛子(好みで) 3本
注文できる材料

作り方

1
そらまめはさやから出し、3分ほどゆでる(ゆで汁は取りおく)。熱いうちに薄皮をむいてボウルに入れ、マッシャーなどでつぶす。
2
板こうじはよくほぐし、塩と混ぜ合わせる。赤唐辛子はきざむ。
point
赤唐辛子をきざむと手がヒリヒリするので、ポリ手袋をはめてください。
3
(1)に(2)、みそを入れ、よく混ぜる。固かったら(1)のゆで汁(大さじ1~2程度)を加え、ひとまとまりにする。
4
除菌した保存びんに(3)を詰める。表面が空気にふれないようにラップをはり付ける。
5
直射日光の当たらない、冷蔵室以外の涼しい場所におく。湿度や温度の高い場所は避ける。2カ月から半年ほど、熟成させる。
point
熟成後は冷蔵室か冷暗所に置き、発酵を止めて、熟成が進まないようにする。 半年を目安に食べきってください。
※「自家製豆板醤」を使ったレシピを紹介しています。

豆板醤香味ソースがけ 雲白肉(ウンパイロウ)の作り方はこちら>
p̎Â胉{

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ