さんま定食、白菜のシーザーサラダ風、玉ねぎのみそ汁(2人分)

下ごしらえ済みで食べやすさ◎! 定食スタイルの秋の味覚が20分で。

約787kcal
約20分

材料【2人分】

【さんま定食】
北海道産塩さんま 2尾
すだち 2個
ごま油 小さじ2
しょうゆ 適宜
【白菜のシーザーサラダ風】
白菜 100g(お届けの1/4強)
温泉たまご 2個
温泉たまごの添付のたれA 2袋
マヨネーズA 大さじ2
黒こしょうA 適量
オリーブオイルA 大さじ1/2
【玉ねぎのみそ汁】
玉ねぎ 1個
和風だしの素 3g(1/2本)
みそ 大さじ1と1/2
七味唐辛子など 適宜
【ごはん(適量)を添える】
注文できる材料

作り方

1
●下準備
白菜は外側から1枚ずつはがし、葉の部分は食べやすい大きさにちぎる。軸の部分は長さ5cmの縦薄切りにし、冷水につけてパリッとさせる。玉ねぎは1cm角に切る。すだちは押さえながら全体に転がして実をやわらかくし、横半分に切る。解凍したさんまは水けをふく。
2
●玉ねぎのみそ汁を作る
鍋に水(1と3/4カップ)、和風だしの素、(1)の玉ねぎを入れて火にかける。玉ねぎに火が通ったら火を弱め、みそを溶き入れる。
3
●白菜のシーザーサラダ風を作る
(1)の白菜の水けをふいて器に盛り、「温泉たまご」を割ってのせる。Aを混ぜ合わせてかける。
point
「温泉たまご」のたれを活用した、やさしい和風味のドレッシングをかけて。白菜も薄切りにすれば、シャキシャキした食感のサラダになります。
4
●さんまを焼いて仕上げる
フライパンにごま油を熱し、(1)のさんまを、盛りつけたときに上になる面を下にして並べ入れる。3分ほど焼いて裏返し、さらに3分ほど焼く。器に盛って(1)のすだちを添え、好みでしょうゆをかける。(2)のみそ汁を器に盛り、好みで七味唐辛子などをふる。
point
裏返すのは一度だけに。何度も裏返すと身が崩れる原因になります。あれば好みで大根おろしを添えても。
3日分の時短ごはんセット(2人分)他の日のレシピはこちら(レシピ一覧へ)

注文できる材料

関連レシピ

ページの先頭へ